― コーディネーター紹介 ―

マンション建替えアドバイザー資格者をはじめ、宅地建物取引士、一級建築士などの有資格者が、経験と専門知識を活かして業務にあたります。秘密は固く厳守します。

マンション建替えを経験して皆さんが建替え決議のあと生活に張り合いができて元気になられることにいつも驚きます。内覧会の時の皆さんの笑顔を見たら、それまでの苦労も一瞬で吹き飛び、この仕事を手掛けられて良かったとしみじみ思います。

代表取締役 樋口繁樹
マンション建替えアドバイザー、宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、マンション管理士) 昭和59(1984)年 京都大学工学部建築学科卒、福岡県出身

同じ建物に住んでいても、お一人お一人が夫々、別のお暮らしをされていて、別の人生を歩んでいらっしゃいます。建替えは大変な事業ですが、皆さんで新しい目的に向かってひとつになれるすばらしい時間になります。お手伝いします。

企画室専任部長 大崎久光
(宅地建物取引士) 福岡県出身

マンション建替えは、古い建物を壊して新しい建物を建てるというものではなく、地権者とそのご家族の方々の生活を新しくするための過程であると考えます。新しい生活が、より快適で幸せなものとなるよう努力します。

取締役企画室長 荒木敬一郎
(一級建築士、一級建築施工管理技士、宅地建物取引士、マンション建替えアドバイザー、再開発プランナー) 昭和63(1988)年 九州大学大学院修了(工学修士)、福岡県出身

現在建替え検討に携わっている団地は、私が生まれた頃に分譲された共同住宅です。新築時からの入居者は父や母と同世代の方も多く、かなり年配の方でも「人生最後の大仕事」「子や孫の世代に良い資産を残したい」など、元気で前向きなお声をたくさんお聞きします。高齢の方は仮住まいや引越しなど不安も抱えておられますが、建替え後の新築マンションに笑顔でお会いできるよう、プロとしてやりがいを持ってお手伝いしていきたいと思っています。

企画室チームリーダー 赤澤幹也
(マンション建替えアドバイザー、再開発プランナー、宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、二級建築士)
平成3(1991)年 九州大学経済学部経済工学科卒、福岡県出身